古銭の価値は業者の一覧表

皆さんのご自宅に眠っている古銭はございませんか。大掃除や引越し、または生前整理や遺品整理の際に古銭が出てくるということもあるかもしれません。

古銭には様々な種類がありますが、希少なものですと非常に価値が高くなる場合があります。そのような古銭は買取業者に売却すれば高く買い取ってもらうことができます。ですから、自宅にそのまま眠らせておいたり、処分してしまったら非常にもったいないことなのです。

とはいえ、素人ですとどのような種類の古銭が価値が高くなるのかはわからないでしょう。その場合には、古銭買取業者のホームページを確認してみましょう。業者によっては、古銭の価値や価格が一覧表で掲載されていることがあります。そのような一覧表を確認すれば、自分が売却したい古銭のおおよその価値を知ることができます。その際、1つの買取業者の一覧表だけでなく複数の業者の一覧表を見比べてみるのもよいでしょう。買取業者によって、査定額や買取強化をしている種類は異なります。そのため、1つの業者では価値があまり評価されない場合でも、他の業者では高く買い取ってもらえるということがあるかもしれないのです。

これらのポイントを踏まえて古銭を売却すれば、高額買取が実現できる可能性が高くなるでしょう。


古銭の価値とは変動します

古銭の価値はなかなか判断ができない物でもあります。相場はありますが、よく変動するからです。古銭の価値は欲しがる人がいてこそ、高くなります。原則的に希少価値があるほど、高価になることは確かです。しかし、人気があるのかどうかによって違うことでもあります。例えば日本の古銭でも極めて高い物もありますし、発行枚数が少ない割には安い物もあります。発行枚数が少ないほど、現存が少ないほど高価になる傾向があるのは確かです。古銭の価値は取引されている量や人気によって左右されるわけです。これは大原則と言えますから、覚えておくと良いです。古銭の価値としてもそうですが、貴金属としての価値がある場合もあります。ゴールドなどで作られているからであり、基本は金貨が最も高いといえます。しかし、意外と綺麗に残っている可能性が高いのも金貨です。純金であれば劣化することがないからです。さすがに純金で作られている古銭はほぼないです。必ず、混じり物になっているのが金貨です。これは頑丈性を高めることを目的にしているからです。古銭の価値は大きく変動することがありますが、景気としては良い時のほうが高くなります。資金的な余裕がある人が多いからです。

参考:古銭の価値って


記念コインを買取してもらおう

記念コインの種類は日本国内だけでもかなりの数になります。有名なのは天皇家のご結婚や、オリンピックの開催などです。記念コインには発行当時に流通している500円や100円などその価値のまま発行されるものや、純金、純銀コインとして発行される高価なものがあります。天皇家のご結婚やご即位のときなどは5万円、10万円の純金の記念コインが発行されます。

買取のときに高値がつくのはやはり流通量が少なく、欲しがっている人がたくさんいるコインです。古ければ価値がつくかというとそうとは限りません。発行から時間が経っていても人気が無いもの、流通量が多いものは値上がりしません。買い取り屋さんに持っていって、銀行での換金を進められた経験がある人もいるでしょう。高値で買取してもらうにはコインの状態も大切です。保存状態が悪いと傷がついたり色がくすんでしまいます。また一枚だけよりも、セットで売り出されていた物がちゃんと揃っていたり、関連が深いものがまとまっていると一つのセットとしてしてさらに価値が出る場合もあります。

記念コインの購入時に将来の買取を期待している人も多いと思いますが、実際に買取の相場として記念コインが値上がりするには様々な条件が必要になります。


古銭の買取と価格表について

古銭とは読んで字のごとく今は製造されていない古いお金のことです。考古学的に価値のあるものから製造枚数が少ないもの、イベントに合わせて作られた記念古銭まで多々あります。古銭は過去の生活や習慣を垣間見ることも出来る貴重な資料であり、ロマンを感じることが出来ます。古銭の価格表はお店によって様々ですが価格表を比較し価値を調べることから始めるのも楽しみ方の入り口にはお勧めです。過去にはオークションで買取価格一千万円以上の値を付けたものもあります。買取価格は保存状態によって大きく異なります。摩擦で傷がついたり汚れがある場合は提示されている価格表より買取金額や価値が下がってしまいます。収集する際は金属が酸化しないよう、密閉の小袋やサランラップを巻きつけて入れてからコインホルダーに保存し湿気を避けた場所に保管がお勧めです。もし止む無く手放す場所は各店舗の価格表やネットオークションを確認し、買取金額の比較をすることがお勧めです。そして古銭は磨かずそのままの状態で持ち込みましょう。また手元に付属品や鑑定書がある場合は一緒に持って行きましょう。もしかしたら、実家のタンスの中に昔活躍した古銭が眠っているかもしれません。

http://xn--fcr14bgb3490bdrcuvm.net/kosenkaito/kanteishi.html


自宅にある旧札に意外な価値があるかも!

旧札というのは、現在流通していない古いお札のことを指します。紙幣は時折デザインが改正されるため、旧札が次々に生まれます。比較的新しい旧札の場合は、さほど価値はありません。しかし、非常に古いお札の場合、思いがけない高額の価値がある場合があります。昭和よりも古い、大正、明治時代のものであれば、額面以上の価値になることがあります。発行部数が少ないなどで、非常に珍しいとされる場合には価値があがります。既に使用できなくなっており、銀行で換金してもらえない旧札であっても、コレクターアイテムとして求められます。旧札と一言でいっても、美しい未使用の旧札であるほど価値が高く、破れているたり使い古し感があると価値が下がります。また、お札だけでなく、古い小銭、江戸時代や明治時代の金貨などは希少価値が高いとされています。なお、旧札の価値というのは、なかなか素人では分からない部分があります。専門家に鑑定してもらうことで、意外なお宝が発見されることもあるかもしれません。祖父母の自宅の金庫や倉庫を整頓してみると、旧札がたくさん出てきたというのはよくある話です。そういう場合には、まとめて専門家にみてもらうことをおすすめします。参考:旧札価値一覧


買取を利用して古銭を売ってみよう

古銭は、買取業者が買い取ってから他に転売をして利益を確保しています。しかし、古銭は販売経路の確保が非常に難しいとされています。古銭を高く買い取るためには優秀な販売経路が必要になるのです。そのために、ほとんどの買取業者では独自の販売ルートを持っています。高く再販売できるルートがなければ高く買い取ることはできないのです。

また、古銭は鑑定が難しいとされていて鑑定士には熟練した知識や経験が必要になります。古銭は年代や種類によって価値が変わりますが、刻印されている文字の跳ね方が少し変わるだけでも価値が左右されるのです。昔は今ほど金属を加工する技術が無かったので同じ硬貨であっても少しデザインが違ったりすることがよくあったそうです。これらの細かい鑑定は、古銭ならではと言えるでしょう。

遺品整理や、大掃除、引越しなどで、あなたの家で今まで眠っていた古銭が大量に出てくることがあるかもしれません。そのような時には、ぜひ買取のサービスを利用して売却してみましょう。中には価値が高いものもありますので、処分してしまうのはもったいないことです。思ってもいない商品が高値で売れたりしますので意外と楽しいですよ。